2009年02月24日

「ババ」抜きゲーム

今日も、肌寒〜いを通り越して凍えそうな寒さでした。
社内メールをチェックしていたら、気になるコラムがはいってたので、ご紹介あせあせ(飛び散る汗)

インドネシア・ジャカルタでも「カリフール」などの大型スーパーマーケットが繁盛している。

“パサール”と呼ばれる伝統的な市場などより、大量仕入れ・大量販売の利点を生かして、値段も安いからあまり裕福でない庶民にも人気があるパンチ

こうした大型スーパーの支払いカウンターでは、土日ともなると買い物籠を下げた客が列を成し、支払いにもかなり時間を取られるたらーっ(汗)

どこの店舗でも、この支払いカウンターを通り過ぎた辺りで必ずといってよいほど目目に入るのが「銀行の出店」だ。

「口座を開設してクレジットカードを作りませんか」というプロモーションを行っている。

たった今通過した支払いカウンターでは、
「私の前の客はカードで払っていた。自分は薄い財布から現金を取り出して支払った」
・・・なんとなく損をした気分になるのか・・

かなりの人たちが、ここでカードを作っているようだふらふら

名前、住所、勤め先や「KTP」という身分証明書を提示すれば、いとも簡単に「クレジット・カード」が出来上がってしまうようだ。

聞くところによると最初の200万ルピア位までは、これで問題なく使用できるとのことだ。
「銀行の出店」は一行ではないので、中にはまとめて2行、3行とカードを発行してもらう“モサ”もいるらしいどんっ(衝撃)

こうして「カード地獄」に取り込まれてしまった人たちが、結構な数に上る。パンチ

支払いが滞ってしまった人たちに対し、銀行側は「支払い督促」を行うが、なかなか回収の目処が立たないと、「債権回収業者」に業務を委託することになる。

インドネシアの“怖い”ところは、この回収業者が、はっきり言って「暴力団」に近い輩だということだ。

国営の大銀行でさえ、いとも簡単に「個人情報」を含めた債務者の情報を「暴力団」に流し、回収を依頼している。ドコモ提供ドコモポイント
(一説によると、回収された金額の半分以上が、回収業者の利益に消えてしまうとのことだが銀行としてはゼロより良いとのことだ)

「暴力団」ともなれば、「個人補償」を入れているかどうかなど法的な問題には関係なく、その債務者の家族はもとより、どうやって調べるのか・・かなり遠い親族・友人などにまで「取立て」の手を伸ばす。

インドネシアの女性と結婚していた日本人の某友人。
ある時、そんな暴力団から自宅に電話電話があったとのことだ。


「女房の遠い親戚らしいが、顔も見たことが無い。
その親戚の一人が取立てを受けていて、それが彼のところに回ってきたようだ」

電話電話の声を聞いただけで“震えがくる”恐ろしい脅し文句。たらーっ(汗)がく〜(落胆した顔)

「日本人ならそのくらい何とかしろよ、自分の家族が心配じゃないのか・・・」

一回二回ではない。たらーっ(汗)
毎日4−5回の電話が一ヶ月近く続き、ノイローゼになりそう。ふらふら

「払わないのも悪いが、何の調査もせずに簡単にカードを渡す銀行もヒドイ」とこぼしていた。

これと同じような事態が今、「金融テクノロジー」という名の“厚化粧”で装われ、世界的な規模で進行している。

「支払い能力が疑われる」人たちに住宅を売りつけていた「サブプライムローン」もそうだし、高い車を売っていた「GM」を始めとする自動車産業も同様だ。

先日放送された「NHKスぺシャル」を見ていた。

「空き瓶の回収をして生活している貧しい庶民に、800万円もする高い車を売っていた」という“GM”クレジット部門の子会社の実態をレポートしていた。

いつかは破綻するのが当然パンチ

ブランド物のスーツを身にまとい、高額な報酬を得ているこうした金融テクノロジーを駆使する「エリート」たち。

だけど、やっていることはインドネシアの銀行や暴力団より悪質だパンチちっ(怒った顔)

回収不能な債権を「証券化」というテクニックによって、他人に売りさばく。ちっ(怒った顔)

「格付け会社」が登場し、他にも似たような「回収不能」な債権を一般的な債権の中に潜り込ませ、組み合わせて「優良証券」として世界中に売りさばいてきたわけだ。

トランプに「ババドコモポイント抜き」というゲームがあることをご存知だろうか。
トランプのカードに一枚だけ「ジョーカー」を入れておいて、何人かのプレーヤーに配る。

プレーヤーは次々と隣からカードを取り、数のあったカードは“上がり”となるが、最後に「ジョーカー」(ババ)ドコモ提供を取ったプレーヤーが負けとなる。

今、この最後に「ジョーカー」(ババ)を引いて負けたのは誰なのか。

大手の金融業界や自動車会社には、想像を絶する巨額な「税金」がつぎ込まれようとしている。
再建計画の目玉は労働者の大量解雇だ。

就任直後のオバマ大統領は、この税金の投入によって救済を受ける金融業界の首脳に対し、“SHAME”(恥ずべきこと)という言葉を使って、巨額な報酬を非難し、制限した。

アメリカ発の金融恐慌が実体経済にも打撃を与え、弱体化させている。

いくら“SHAME”と非難されようが、懲りない面々・・
「自分のところを倒産させれば、影響はもっと大きくなる」と、一種の開き直りとも思える言辞で反省の言葉もそぞろ。

結局「ババ」を掴むのは、いつも弱者ということか・・・・

な〜んか興味深い話でのせちゃいましたぁ〜パンチ
ちょっと重かったかな?あせあせ(飛び散る汗)
posted by brosa at 22:36| Comment(24) | TrackBack(0) | ジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分と長い間のご無沙汰でした m(__)m
インドネシアの事は詳しくないのですが…
台湾時代の友人の子の彼氏がインドネシア人でいろいろと聞きました
やはりそのような事が実際に起こっているのですよね
人間の罪深さと情けない行動に涙が出てしまいます
当地の一等地もあの集団関係者が買い漁っているので
現在はガラガラでゴーストタウンかしてしまっています
この厳しい社会だからこそ精いっぱい活きて行かなくては…
明日も求職者と非正規社員の為にベストを尽します!
全国的に寒さが厳しい折から
どうぞ お身体をご自愛くださいね! (^0_0^)
Posted by eternal0660 金妻のパパ at 2009年02月24日 23:04
カードとかローンは身の丈に在った『信用』をあらわすはずの物ですから、そこを崩せば破綻するのは分かりきっていたはず・・・
ルールを知らないと傷が大きいのが分かっていながら、ルールを知らない人にそれを押し付けたのは文字通り落とし穴ですね・・・
今回の金融破綻では、その穴に掘った本人も入った訳ですが(汗)
Posted by カラス at 2009年02月24日 23:34
☆金妻のパパさん!こんばんは

どこの国でも、どこでも起きているようですね♪
自分勝手というか、人間のエゴをみた気がしました。
幼稚園の子供にお金は後でいいから、ほしい物を買いなといっているようなものです(p_q*)。
それって犯罪の気がするのですが。。
パパさんの活動!大変だと思います。
パパさんこそ!お体をご自愛下さいませ。ヽ(^o^)丿
Posted by brosa at 2009年02月24日 23:39
☆カラスさん!こんばんは

何を学んできたんでしょうかね┐(´д`)┌ヤレヤレ
お互い、この小さな落とし穴にだけは落ちないようにしましょうね♪

でも人って穴に落ちそうになると、這い上がろうと手に触れるものを全てを掴んでしがみつこうとするので、まきぞいをもらうこともあるよね♪

国民はまさにそのまきぞいにくっているのかもしれませんねε-( ̄ヘ ̄)┌
Posted by brosa at 2009年02月24日 23:44
こんばんは。
クレジットカードの落とし穴、
多くの国の人たちが経験しているみたいですね。
クレジット大国のアメリカは勿論、スペインやイタリアでも
同様の手口が社会問題になったことがありますし、
金銭に関する問題は、国境がないのかもしれません。
どこに責任があるか、という問題になると、
それぞれの事例によって変わってきてしまうのでしょうけれど…。

brosaさんはこうした問題を解決するために、
どう"システム"を変化(or修正)させたらいいと思われますか(*^^*?
Posted by スウ at 2009年02月25日 00:30
おはようございます。

どうしたらこういう問題を解決できるかは難しい問題ですね。
そんな遠い親戚でも調べ上げて脅してくるなんて、怖いですし…、調査もせずにカードを渡す銀行も困ったものですね。

これから先もまだまだ、弱者が 「ババ」 を掴まされそうで、なんだか哀しいですね。
Posted by at 2009年02月25日 07:46
カードを持つのが一種のステイタスのようになっているのですね!
カードってお金なくても簡単に物が買えちゃうので良い様な悪いような・・・良くも悪しくも使う本人次第なのですがね・・・

昔消費者金融の回収機関で働いていたので督促がどんな物なんとなくわかりますねぇ〜

大手ならまだしも、小さい所になればなるほどその筋の方が怖いかも・・・
不良債権横流しして!!なんて声かけられたことありますもん。

私もローン地獄に落ちないように気をつけよう
Posted by まぁーこ at 2009年02月25日 11:39
こんにちは

興味深い話をありがとうございます。
なんだかんだと言っても最終的には税金!!
一般人がババをひくのかな。。。
Posted by ピーナツ豆腐 at 2009年02月25日 14:45
ブロさん、こんにちは!
このブログを読んで、一番恐ろしいと思ったのは、個人情報の流出でした。
本当にこんな恐ろしいことがあるんですね。
注意が必要です。
Posted by バイオ整体 at 2009年02月25日 16:30
なんだか気分が暗くなる話ですね。
カード作らせられるほうは甘い文句を信じ込んでしまうわけですが、カード作らせるほうもその場のことしか考えられないのでしょうね。
よく考えたら、いずれ破綻するのはわかっているのに。
日本なら消費者センターとかそういうところに行けばある程度解決できそうですが、国によっては司法制度もしっかりしてなさそうですし、穏便解決待っている間に問題が深刻化しそうです。
こんなことが世界規模で起こっているんですね。。。麻生さん、オバマさんにいいところ見せようとして債権全部引き受けるとか言わなければいいんだけど。
Posted by シロ at 2009年02月25日 20:34
確かにカードは手元に現金が無くても買い物が出来るので便利な反面
恐怖にもなりますよね。

ネット通販では必然とカード払いになっていますがこれも調子に乗っていると
数万円分の買い物をしちゃっている事も多々あり・・・。
まあ、支払い可能範囲での話ですが。。。

結局は金持ちの更なる金儲けのゲームに踊らされている感がするのは私だけ???
Posted by Tommy at 2009年02月25日 21:26
ブロちゃ〜んこんばんは〜!

日本ではないお話でしょうけど、凄いですね〜!
カードを簡単に作らせて、後で取り立て!!それもちょっと怖そうな
人達によるものなんでしょう〜?
何だか、お金の事にしても、世界中おかしくなってるね!!
はなちゃんも、カードには注意しょう〜っと(^_-)-☆
Posted by はなちゃん at 2009年02月25日 23:31
☆スウさん!こんばんは。

そうみたいですね♪
私もJLのマイルを貯める為にほとんど現金は持ちません。
その代わり、使った金額は翌日に銀行口座に入れるようにしてます。
基本的に自分でお金の管理が出来ない人はカードを持ってはいけないと思うんですょね。(-"-;A

また貸すほうも年収より多いい金額の上限設定はしてはいけないと思います。
こうした問題を解決するためのシステムをすぐに確立するのは難しいと思います。
が・・明らかに返せない人へ貸し出しは、犯罪行為とすべきだと思います。
今でこそ、銀行はお金の貸し出しが厳しくなっておりますが、本当は中小企業に貸し出しするように返済計画書を個人にも出させて審査すべきだと思います。
支払い能力のない方に貸すのは詐欺行為とみなしてもいいのでは。。奇抜すぎるかしら!ヾ(≧ε≦)ノ”
Posted by brosa at 2009年02月25日 23:31
インドネシアの国の事は詳しくないですが
どこの国もカードローンにはまちゃう人が
いるんですね。周りの人がやっているから
つい自分もと、その場でお金を払わなくて
良いのでつい買いすぎてしまう。

後で支払う金額を見てあわてる・・・
どこの国でもありそうですね。
日本は最近取り立ての事で騒がれなく
なりましたね。


Posted by ナベ at 2009年02月25日 23:39
☆静 さん!こんばんは

知らないという事がどんなに恐ろしいかですょね♪
だから私は娘に勉強しなさい!と言ってます。
だまされないように、知っていれば、困難を回避できることも世の中にはたくさんあるんだょ。。。と(u_u。)
問題がずれてる? ただ単に理由付けをして勉強させたいのがミエミエ?
ばれちゃいましたか。o(*^O^*)O。

悲しいかな。。
インドネシアではお金持ちは、何もしなくてもよりお金持ちへ・・
貧乏人は何をしてもより貧乏へ・・との図式が出来ています。
Posted by brosa at 2009年02月25日 23:50
☆まぁ〜こさん!こんばんは

カードってまぁ〜こさんがおっしゃるように良くも悪しくも使う本人次第なのです!

でもDCカードも結構、非情ですょ。
1日遅れただけでも、利息をしっかり取りますからね。
1度だけ、引き落としの金額が足りなかった時があります。

子供が生まれて、すぐに心臓に穴が開いていた為、東大病院に通ったりして、入金をし忘れたのです。
(実家に戻っていて明細を見ていなかった)
たった2000円足りなかった為、引き落としが出来ず、2週間後にその旨の通知が。。
しっかりと次回の引き落としまで利息をとられた上、厳しい文面の通知が。。。
こわっ!と思い、二度と滞る事はしてませんけどね(笑)
Posted by brosa at 2009年02月25日 23:58
☆ピーナツさん!こんばんは

そうなんです。何かあると自分のお金のように税金を投入しますからね!日本という国は・・・
そして原告(?)そういう状態にしておきながら、ちゃんと給料をもらってエバっていられる役人。
たまにはババをひいてもらいたい気持ちで一杯です。ヾ(≧ε≦)ノ
Posted by brosa at 2009年02月26日 00:01
☆バイオさん!こんばんは

個人情報はインドネシアに限らず、流出しまくりだと思います(u_u。)
だから多重債務者やどこで調べてくるのか教材の押し売り電話が
後をたたないのだと思うのですが・・・
これって私の気のせい?
いずれにしても気をつけるにこした事はないですo(*^O^*)O
Posted by brosa at 2009年02月26日 00:05
☆シロさん!こんばんは

気分を害させてしまってごめんなさい(u_u。)
でも世界規模で起こっているようで。。。

日本もアメリカのように国民投票で総理大臣を決められるようになるといいのにと思います。
誰が見ても最悪な状況なのに。。。
それでもしがみつきたいポストなんでしょうね♪
バウチャーの世界でやってほしいです。アニメ好きのあの方には。。。
Posted by brosa at 2009年02月26日 00:11
☆Tommyさん!こんばんは。

(・_・)エッ....?
数万円ですかぁ〜っ!
それはすごいです。

でもTommyさんがおっしゃってるように金持ちのマネーゲームの
駒になっているような気がするのは私も感じます。ヾ(≧ε≦)ノ
Posted by brosa at 2009年02月26日 00:13
☆はなちゃん!こんばんは

世界中!歯車が狂ってしまったようです。( ゚д゚)ポカーン
世界はどこに向かうのでしょうね(u_u。)

はなちゃんも、カードには注意してくださいね(^_-)-☆
私も注意します(^_-)-☆

Posted by brosa at 2009年02月26日 00:16
☆なべさん!こんばんは

どこでも陥りやすい落とし穴のようです。
日本は司法や良心ある弁護士が過剰利子に関しては戦ってくれるものの自己破産する方、多いいですょね!

騒がれなくなったのは、悪徳貸付、催促に対して公が重い腰をあげたからかもしれません。
お互いにカードには注意しましょうね(*^-')b
Posted by brosa at 2009年02月26日 00:28
カードは手持ちが無くても買い物が出来るから便利なのでしょうけど、
何も考えずに使ってしまうと大変な事になってしまいますよね。
やはりそこは自分でしっかり管理しないとダメなんでしょうね…。
Posted by まろーん at 2009年02月26日 00:34
☆ま〜ろんさん!おはようございます。

便利になると管理(自分)が甘くなりがちです。
便利な裏側には弊害も。。。。

自分次第で足を踏み外す事があるということは頭に入れながら行動しないとだめですょね(ρ_;)
と自分に言い聞かせている私です(笑)
Posted by brosa at 2009年02月27日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック