2016年06月17日

最近、護国寺へ行ってきました。

最近、文京区にある護国寺に行ってきました。
有楽町線の護国寺駅からすぐの所にある、護国寺は江戸三十三観音霊場の13番礼所にあたります。
ご朱印を頂きに行かなければ絶対に下車する事のない駅です。
ご朱印を頂きながら、側にあった小雑誌【仏教の生活】と仏様の教えを心で学ぶ【ぶっきょうスクール】を頂いてきました。
仏教のえっうそほんと みたいな事が書かれていて、おおいに勉強になりました。
なるほど。。。と思える事が多く、今の自分に重ねられる事案があったり、読んでいて少し、心が軽くなりました。

印象にのこったのは、癌の転移を心配する人が不安でたまらないという人に くも膜下出血で生死をさまよわれた住職が言われた言葉 私は、幸福か不幸かどっちだっていいんです。
それを考え始めると、実は迷いの道の奥深くへと入りこんでしまい苦しみに取り憑かれます。
1日1日に意味がある。私たちに出来ることは今を一生懸命に生きるかどうかです。
今日は“今日の苦労”で十分です。不安を感じるのは、未来のことばかり気になって今が抜け落ちているからなんです。昨日までの事を考えてくよくよ思い悩まず、明日の事を思いわずらうのは明日にして、今日が最後の日と思って生きましょう。
今日が最後の日と思えば、少なくとも再発の心配はありませんよね

確かに。。。
足元でごろごろしている今日のアンジェ!
ange.jpg
posted by brosa at 20:02| Comment(12) | TrackBack(0) | 頷いちゃう事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

外から見た日本って?第1弾

フランスで生まれ、日本で育ち、フランスに帰って飛行機行った友達が 先月メールメールをくれました。

日本の保育園で働く友人に頼まれ、保育士連盟の機関紙に記事を書くことになりました。

ポイントはフランスのメディアが福島 の大災害をどのように報道したか?

日本人である私は遠くでどう対処したか?
日本の日本人への激励、などが依頼の内容です。
けれども、いろいろ憤りも多く、怒号の文になってしまい、どうせ掲載は無理だろう、と思いきや、
その友人が添削、カットしてくれ、なんとか日の目を見ることになりそうです。

楽しんで書きました、反論いろいろお待ちしてます。

本当は、8月にはきていたんだけど、保育通信が出る前に載せるのはまずいだろう!と思い
許可を頂いて、掲載します。

「保育通信10月号掲載」

ちがった見方ができて、思うところがあるかも。。
興味のある方だけよんで見てみてくださいませ。





続きを読む 
posted by brosa at 08:53| Comment(20) | TrackBack(0) | 頷いちゃう事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

私にとっての1字は・・・・

昨日、テレビTVで今年の1字が発表されました。

それはご存知 「新」 でした。\(◎o◎)/
それぞれ思うところはあると思いますが、私にとっての1字は 「認」です。

私にとって この1年は 新たに 認識 する事が多かった気がします。

未知の事を認識し、
自分の非を認識し、
新たな可能性がある事を認識し、

そして来年は1歩前に進める自分になれそうです。ヾ(^o^-)

うちの会社のだ〜ちゃん!(会社の相談役)はマイペースexclamation
時々、雑談してますわーい(嬉しい顔)

だ〜ちゃんは我が道をしっかり歩いてる、ロマンスグレーのおじさん。
いくつになっても夢を持っていて、社会参加もしているようですexclamation
だ〜ちゃんから先日いい話(私にとってはですけど。。。)を聞けたので、ちょっと紹介。

1週間に1日、川崎市の日本語学級のボランティアをしています。
川崎市は語学教室を通して[共生の町づくり」を目指していて、
だ〜ちゃんの参加動機は、寒い季節には、暖かい南国に行き、
そして語学学校ビルなどでアシスタントで日本語でも教えて暮らしたい夢を叶える為、
そのノウハウをボランティア活動で吸収できるのではと考えたからだそうです。
今年の3月から参加しているんだそうです。

ここの学習参加者は、来日したばかりの方々で、ほとんど日本語がしゃべれない人から、10年以上住んでいて更にレベルアップしたい人など様々です。
ここではレベルに合わせて4クラスにわかれているようです。

来日して結婚し、子供ができ成長すると子供の流暢な日本語に近づきたくなる!
そういう世代が増えていて、結構しゃべれる人でも
「て、に、を、は、」の助詞をきっちりつけてしゃべるのはむずかしいようです。

普通の語学学校のように、「一方的に教えて、機械的に暗記させる」やり方と違って
ボランティア個人の生活を語り「わたしのこと」を話す。

学習者が「話したい」ことを引き出して、正しい日本語を話してもらう。

こんなことを頭に入れて教えるよう先輩ボランティアから教えてもらっていますが実際にはなかなかむずかしい!

ボランティアの研修で藤田潮さんという方を知りました
聞き上手を育てるコーチングのノウハウをもった元気一杯の女史です
「興味、関心、好奇心の3K 人間関係をこれで接しよう!」

とこのように申しておりました。
会社には3日ぐらいしか出てこない彼ですが、出てこない時はそんな事をしていたんだぁ〜と感心。

負けちゃいられないです。私も。。。わーい(嬉しい顔)

だ〜ちゃん!私の父と同じぐらいの方をつかまえてそんな呼び方は まずいか。。
でもこのブログみてないし。。たぶん。。。


posted by brosa at 12:05| Comment(30) | TrackBack(0) | 頷いちゃう事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

1秒の世界

娘の担任の先生はとってもお豆な方?
毎日、学級通信を保護者宛て(?)にくれます。

女性ならわかるのですが、担任の先生は男性exclamation
けっこう見てないようで、子供達の事を見ていてくれているのが、その通信をみてれば感じられますあせあせ(飛び散る汗)
それにしても、いつ書いてるんだろう?と不思議ですグッド(上向き矢印)

昨日のお話の中から
おぉ〜〜!と思った文をご紹介しますわーい(嬉しい顔)

山手線電車にのっていると車内モニターに様々な広告などが流れています。
その中で【1秒の世界】というものがあります。
体のことや環境問題などについて1秒で起こる変化について放送されていました。

それによると、ハチドリという鳥は羽はたきを55回し、世界中のニワトリが3万3千個の卵を産みます。
人は93mlの空気を呼吸し、世界に420万トンの雨雨が降っています。

たった1秒という時間で、大きく変化していることや1秒で起きている事を知ることができます。

みなさんは、1秒という時間で何ができるでしょうか。
「おはよう」の挨拶でコミュニケーションをはかるのも1秒、「おめでとう」と言って祝福するのも1秒、
ありがとう」といって、感謝の気持ちを表すのも1秒、「馬鹿」 「キモイ」と言って人を傷つけ、嫌な気分にさせてしまうのも1秒、人の行動を見て笑い、不快な気分にさせてしまうのも1秒です。

1秒で感謝の気持ちを表したり、ほめたり、励ましたりすることができると同時に、人の心を傷つけてしまうのも1秒・・たった1秒のたった一言、一つの行動で、みなさんは人を良い気分にも不快な気分にもさせます。

みなさんだったら、人生のたった1秒、されど1秒をどのように使いますか?
その1秒の積み重ねが1分となり、1時間となり、1日となり、一生となる事を頭にいれながら、1秒を大切にし、学校ビル生活を送って欲しいと思います。

決して人を傷つけることに貴重な1秒を使わないで下さい。

その後、学校連絡とつづくのですが。。。

子供にも保護者にも一緒に読んでほしいという先生の気持ちが見え隠れしませんか?

そんなわけで、寝る前に娘に毎日 読ませている私です\(◎o◎)/。
音読にもなるし、いいかなぁ〜!(娘にはブツブツ文句言われてますが。。(笑))




posted by brosa at 21:11| Comment(20) | TrackBack(0) | 頷いちゃう事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

本物は違うなぁ〜っ!

友人からキャシー中嶋 楽園キルト展の招待券を頂きましたハートたち(複数ハート)
去年からハワイアンキルトをかじり始めた私あせあせ(飛び散る汗)
昨日、プロの作品を見ようと行って来ましたパンチ
銀座三越へ手(チョキ)

キャシーのハワイアンキルト展






作品1つ1つに名前(題名)がついているのですが、本当にマッチしている。わーい(嬉しい顔)

めも細かいし、私が作ったのとは大違いむかっ(怒り)
(当たり前か。。くらべるなぁ〜〜!と言われそう(=^▽^=)♪)

そして せっかく銀座に出てきたんだから。。
有楽町フォーラムの中にある 相田みつお美術館に行って来ました\(◎o◎)/!

ここ。。けっこう好きで、年に23回は来てしまいます。

好きな言葉はたくさんあるけど、今回は

しあわせは 
いつも自分の
こころがきめる!


とか・・・

アノネ
親は子供を
みているつもりだけど
子供はその親を
みているんだな

親よりも
きれいな
よごれない
目でね


に惹きつけられました。
無意識の中で思う事があるのかもしれません。
フムフム\(◎o◎)/!


相田みつお美術館


相田みつお美術展
posted by brosa at 22:28| Comment(16) | TrackBack(0) | 頷いちゃう事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする